やつ当たりに及ぼす関係性の影響

keywords.jpg 

淡野 将太 

SYOTA TANNO

division.jpg教育学研究科 心理学専攻

position.jpg助教

研究概要

研究の背景

 2000年以降,やつ当たりの規定要因が盛んに検討されている。

研究内容

 やつ当たりは,社会的関係の中で表出される攻撃行動である。やつ当たりに及ぼす関係性の影響を検討した。

成果

 地位が低い個人がやつ当たりを受けやすいこと,また,地位が低い個人であっても攻撃者との関係性が良好である場合はその可能性が低くなることを明らかにした。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

 職場の対人関係マネジメントに示唆を提供する。

本研究の特徴・優位性

 これまでの研究では,やつ当たりに及ぼす攻撃者の認知的変数に焦点を当てて研究が行われてきたが,本研究ではやつ当たりに及ぼす関係性(i.e., 対人関係)の影響を検討した点が特徴である。

detailsubtitle3.jpg

● 淡野将太(2010).置き換えられた攻撃研究の変遷 教育心理学研究,58,108-120.他

お問い合わせ