美味しさを感じる脳の仕組み

keywords.jpg味覚,ニューロン 

杉田 誠 

MAKOTO SUGITA

division.jpg医歯薬保健学研究院 基礎生命科学部門

position.jpg教授

研究概要

研究の背景

食物の美味しさ・不味さ、好き・嫌いを感じる脳の仕組みには未知の部分が多い。それらを明らかにするためには、苦味や甘味などの対照的な反応を引き起こす味を伝える神経経路を可視化し、 その神経経路内ニューロンの性質を探究し、味覚誘発行動・情動反応に果たす役割を明らかにする必要がある。

研究内容

特定の味を感知する味細胞に、経細胞性に輸送される蛍光タンパク質融合トレーサーを選択的に発現させ、トレーサーの局在を蛍光検出し追跡可視化することにより、特定味覚を伝導する神経経路を解析した。可視化された神経経路内ニューロンの活動によって、特定味覚は脳内で識別され、味覚に応じた嗜好性・嫌悪性行動や快・不快情動が惹起されることが考えられた。

成果

本方法は、食物の味の美味しさ・不味さ、好き・嫌いをいかに感じるか、嚥下や嘔吐などの味覚誘発行動がいかに惹起されるか、それらの脳内神経機構の解明に道を開く。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

味覚障害、摂食障害、拒食・過食の治療。食育への貢献。
糖分の取りすぎを制限する方法の開発。苦い薬を飲みやすくする方法の開発。

本研究の特徴・優位性

特定の情報を伝える神経経路を生きた状態で可視化し、神経経路を構成するニューロンの種類、情報処理様式を生きた状態で探究する。そのため各種生理機能における特定ニューロンの果たす役割を明らかにすることが可能となると考えられる。

detailsubtitle3.jpg

Sugita, M., Shiba, Y. (2005) Genetic tracing shows segregation of taste neuronal circuitries for bitter and sweet. Science, 309, 781-785.

お問い合わせ