接合設計支援システムに関する研究

keywords.jpg接合設計,溶接設計,最適化,ナレッジマネジメント 

濱田 邦裕 

KUNIHIRO HAMADA

division.jpg工学研究院 機械システム・応用力学部門 輸送・環境システム総合工学研究室

position.jpg教授

研究概要

研究の背景

設計・生産システム全体の高度化・高効率化を考慮した溶接・接合情報の生成・利用の方法論を検討するため.

研究内容

本研究では接合位置の決定から溶接施工のための詳細情報の獲得までを溶接・接合設計の範囲と捉え,設計者とシステムが協調して,設計案の生成と評価を繰り返しながら,溶接・接合情報を多段階的に詳細化するシステムを開発した.

成果

溶接・接合設計のプロセス分析に基づき,溶接・接合設計プロセスのモデルを定義するとともに,設計案の生成・評価・選択を支援するための各種情報処理手法を提案した.

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

溶接構造物における接合位置の最適化や,溶接・接合設計に関する暗黙知の形式知化が期待できる.

本研究の特徴・優位性

従来の溶接に関する研究では溶接固有技術の高度化・高効率化を主目的として推進されてきたが,本研究では溶接工学的アプローチと,生産工学およびシステム工学的アプローチとを融合した接合設計支援を検討している.

detailsubtitle3.jpg

生産システムにおける溶接作業情報の生成手法に関する研究,溶接学会論文集17-4,pp.508-518,1999.
要求分析と設計プロセス分析に基づく接合設計支援システムの構築,溶接学会論文集25-2,pp.286-297,2007.
ジョイント統合設計支援システムの情報構造と情報処理手法の検討,溶接学会論文集25-2,pp.298-308,2007.
溶接学会論文賞

お問い合わせ