Omics解析による新規癌診断・治療標的の同定

keywords.jpg癌関連遺伝子,新規診断・治療開発,消化管癌 

安井 弥 

WATARU YASUI

division.jpg医歯薬保健学研究院 基礎生命科学部門

position.jpg教授

研究概要

研究の背景

Omics研究を推進し、遺伝子をはじめとする様々な生命現象の発現情報の全体像を詳細に把握し、消化管癌の発生・進展の分子基盤を理解することによって、新しいシーズを発見し、それを標的とした診断・ 治療・予防へと展開する。

研究内容

Transcriptome dissectionの方法として、定量性・再現性に優れたserial analysis of gene expression (SAGE) 法と診断・治療標的として最適な膜蛋白あるいは分泌蛋白コード遺伝子を効率よく同定できるEscherichia coli ampicillin secretion trap (CAST)法を用いている。対象として、食道癌、胃癌、前立腺癌を解析し、同定した新規遺伝子について機能解析を行なった。また、これらの癌に特異的な発現を示すmicroRNAを同定し、標的遺伝子や機能についての解析を行なった。

成果

世界最大規模の胃がんSAGEライブラリーおよび食道扁平上皮がんSAGEライブラリーを作成した。Reg IV, OLFM4, SPC18, DSC2, TSPAN8, TM9SF3, ZDHHC14, ADAMTS16, NRD1などの胃癌、食道癌の新しい診断・治療標的を同定した。胃癌の種類・進行・転移・に関連したmiR-143/-145やmiR-148aなどのmicroRNAを同定し、予後因子になることを示した。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

新しく同定されたがん特異的遺伝子について、診断系の構築、機能解析による治療開発を行なうことにより、早期診断、新しい分子標的治療につなげることができる。診断システムの構築、多施設大規模スタディーによる検証、トランスレーショナルリサーチが重要である。

本研究の特徴・優位性

SAGE法は、マイクロアレイで解析できない遺伝子を同定できる。胃癌の解析は世界で4カ所しか行なわれておらず、日本では当研究室のみである。CAST法による胃癌、前立腺癌の解析は世界でも当研究室のみで行なっている。特長的な解析により、ユニークな標的の同定が可能である。

detailsubtitle3.jpg

特許第5055543号「新規癌診断法、癌検出器具、および癌検出キット」、特許第5467256号「消化器癌検出用血清腫瘍マーカー、消化器癌検出キット、および消化器癌検出方法」、Cancer Res, PNAS, Lancet Oncol, Nature Med, Gastroenterology, Gut, Oncogene, Cancer Sci
2008年日本病理学賞

お問い合わせ