有限要素解析が有する事後誤差の予測と応力解の修正手法の実用化

keywords.jpg有限要素解析,事後誤差,メッシュ分割,離散化 

北村 充 

MITSURU KITAMURA

division.jpg工学研究院 機械システム・応用力学部門 構造システム工学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

有限要素解析の精度はメッシュ細分割化により向上するが,メッシュ化の労力・計算機資源等の観点から,要素数を抑えたモデル化・解析が望ましい。
 当研究室では,連続体を離散化モデルに変換するという有限要素法の特性を考慮することにより,解析に含まれる事後誤差を評価する方法,および要素数を抑えたモデルによる応力解を細分割モデルの解と同等なレベルに自動修正する方法を研究し,実モデルへの適用化を検討している。
さらに,市販の構造解析プログラム「MSC/NASTRAN」との自動データ授受など,適用拡大ついても研究中である。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

この分野に関心のある企業等との共同研究・受託研究は可能である。

本研究の特徴・優位性

従来は計算結果の誤差が不明のため,やみくもにメッシュの細分化を図っていたが,本手法を用いると事後誤差が示されるほか,メッシュのとり方が極端に粗くない限り,細分割による再計算を実施することなく,自動的に目標誤差内に収めることができる。

お問い合わせ