機能メモリベースインテリジェントLSIアーキテクチャとセンシングシステム

keywords.jpg画像処理,物体検出・認識,顔検出・認識,リアルタイム処理,適応学習,LSI 実装技術 

小出 哲士 

TETSUSHI KOIDE

division.jpgナノデバイス・バイオ融合科学研究所 ナノデバイス・バイオ融合科学研究所

position.jpg准教授

研究概要

研究内容

コンピュータは人間のように情報を柔軟に認識できるのか?我々の研究グループでは、その決め手となる連想メモリの開発で世界最先端を走っています。この連想メモリの要素技術により、コンピュータの認識、学習能力が高まることが期待でき、近い将来に人間と同じように、柔軟な判断を伴う作業をロボットに任せることも可能になるだろう。みなさんも新しい機能を持った集積回路(LSI)を開発してみませんか。更に、私達の研究グループでは、リアルタイム画像処理LSIアーキテクチャ、再構成可能な論理機能を搭載したメモリアーキテクチャアプローチに基づく柔軟な知能情報処理システム開発、及びこれを実現するための集積回路技術の研究とバイオセンシングシステムへの応用に関する研究を行っています。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

・対象とするアプリケーションに適用した場合の実験データを取得することで、許容可能な条件決定やパラメータの最適化などを行い、リアルタイム処理のためのハードウェア・ソフトウェアの協調設計を行う必要がある。プラットフォームの実用化に向けて、要求仕様まで、検出精度を向上できるようなシステムの確立をカーメーカー等との共同研究で実施していきたい。

本研究の特徴・優位性

●人間の脳で行われている特徴抽出,大枠の判断や類推による問題解決などの知能処理を実現するために,メモリベースの柔軟な知能情報処理システムの設計原理(アーキテクチャ)の研究を行っています。
●デバイスからアルゴリズムまで含めた総合的研究によりメモリベースコンピュータ構成の基礎を確立する.具体的には,マルチポートメモリシステム,連想メモリシステム,画像処理・認識システム,メモリベースの学習などのシステム
●アーキテクチャの開発を行います。LSI設計に焦点を当てて研究を実施します。もちろん必要な複数の特許を取得しています。

お問い合わせ