学習と認識を実現する機能メモリベースアーキテクチャ - 動・静止物体同時追跡VLSIアプリケーションへの応用 -

keywords.jpg物体検出・認識,顔検出・認識,リアルタイム処理,適応学習,LSI 実装技術,画像処理 連想メモリ マルチポートメモリ 

小出 哲士 

TETSUSHI KOIDE

division.jpgナノデバイス・バイオ融合科学研究所 ナノデバイス・バイオ融合科学研究所

position.jpg准教授

研究概要

研究内容

高度な知能情報処理を実現するためには、従来のシステムで問題となるメモリボトルネックを解決する新しい高性能なシステムが要求される。本研究では、このような高性能なシステムを実現する効果的な解決策としてメモリと処理ユニットを融合することに着目し、これを実現する機能メモリベースのLSI技術。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

・対象とするアプリケーションに適用した場合の実験データを取得することで、許容可能な条件決定やパラメータの最適化などを行い、リアルタイム処理のためのハードウェア・ソフトウェアの協調設計を行う必要がある。プラットフォームの実用化に向けて、要求仕様まで、検出精度を向上できるようなシステムの確立をカーメーカー等との共同研究で実施していきたい。

本研究の特徴・優位性

人間の脳のような機能を実現するための人工知能システムにおいては、パターン認識と学習機能のハードウェアによる効果的な実現は重要な技術課題である。本研究はこれらを実現するための基盤技術である。

お問い合わせ