ピエゾフルオロクロミック色素の開発と発光表示デバイスへの応用

大学院工学研究科 大山 陽介 教授

概要

研究内容
蛍光性色素結晶の磨砕⇔加熱による動的固体発光性の精密制御を可能とするD-π-A型メカノフルオロクロミック色素を創製し、革新的発光表示デバイスへの展開を図ることを目的とする。

産業界へのアピール

D-π-A型メカノフルオロクロミック色素の分子設計指針を確立し、そのMFCのメカニズムの解明と制御を基礎的に追究することで、光化学分野における新しい学術領域(動的有機固体発光化学分野)を創成し、書き込み・消去型発光表示素子などのエポックメイキングな分子性発光材料・デバイス開発のシーズを創出するところにある。

応用分野、想定業界・用途、企業への期待など
記録材料、発光表示デバイス

本研究の適用・応用について共同研究を希望する。
応用分野
記録材料、発光表示デバイス
お問合せ:
広島大学 産学・地域連携センター (techrd@hiroshima-u.ac.jp)
Copyright © 2019 - Hiroshima University. All Rights Reserved.