追加ガス型伸長流動ノズルを用いたPGSS法による高分子微粒子製造法の開発

keywords.jpg超臨界二酸化炭素,PGSS,微粒子,生体適合性ポリマー 

木原 伸一 

SHIN-ICHI KIHARA

division.jpg工学研究院 物質化学工学部門 化学工学講座

position.jpg准教授

共同研究者 : 春木将司、滝嶌繁樹

研究概要

研究内容

高分子微粒子は、有機溶媒を使った重合プロセスや機械的破砕研磨などから製造されているが、有機溶媒除去のコスト、熱劣化しやすい成分を扱う場合の他、地球環境の点でも問題が多い。一方、高分子溶融体にCO2を飽和溶解し急減圧により微粒子化するPGSS( particle from gas saturated solution )法はこれら問題点を克服する方法であるが、粒子径やモルフォロジーを制御する点で問題がある。本研究課題では、従来のPGSS法に追加ガスを微粒化途中に導入し、粒子径とモルフォロジーを制御する新規プロセスを開発した。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

生分解ポリマーを利用した環境低負荷な微粒子製造に関心のある企業等との共同研究・受託研究は可能。
応用分野
製薬、農薬

本研究の特徴・優位性

・数十μmサイズの生体適合性ポリマーの微粒子化プロセス
・発泡微粒子製造
・微粒子生成量が多い超臨界流体プロセス

detailsubtitle3.jpg

木原伸一ら、粉体工学会誌、45 (9), 613-623 (2008)

お問い合わせ