新機能ポリマーを生成するピリジンチオラート錯体触媒の研究

keywords.jpg重合触媒,エチレン,オレフィン,ピリジンチオラート 

中山 祐正 

YUUSHIYOU NAKAYAMA

division.jpg工学研究院 物質化学工学部門 応用化学講座

position.jpg准教授

研究概要

研究内容

ポリエチレンなどのプラスチック生成に用いられるメタセロン触媒は活性や立体規則性に優れた触媒で,重合触媒の主流を成しているが,CH系モノマーの重合に対してのみ有効である。
 当研究室ではCHのみならず,OやNなどのヘテロ元素を含むモノマーの重合を可能とする触媒を研究しており,接着剤や塗料の塗布性のよいプラスチックなど,その他必要とする機能に応じた新材料の生成を目標としている。また,既知のポリマーについてもより効率よくより精密に合成できる触媒系の開発を目指している。重合するモノマーとしては,エチレン,プロピレン,1-ヘキセン,スチレン,ノルボルネン,ブタジエン,メチルメタクリレート,アクリロニトリル,ラクチド,ラクトン等,幅広く検討している。
 現在の研究内容は,主にピリジンチオラート錯体の合成とその重合触媒作用に関するもので,最近,エチレン重合に関してはメタロセン触媒並みの触媒活性を確認している。ピリジンチオラート配位子を重合触媒に応用した例はほとんどなく,新機能材料の発見が期待できる。
 <用語説明> 錯体:金属の入った分子性の化合物

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

この分野に関心のある企業と共同研究を希望している。

お問い合わせ