中規模オンデマンドバスシステムのための高速オンラインスケジューリング技法

keywords.jpg輸送システム,公共交通機関 

藤田 聡 

SATOSHI FUJITA

division.jpg工学研究院 情報部門 コンピュータ・システム工学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

過疎地における公共交通機関のありかたについては,現在行政を含めてさまざまな検討がなされているが,その中で,バス等の定期運行に変わるものとして,相乗り方式のタクシー(オンデマンドバスシステム)が多くの自治体で高い注目を集めている。しかし現在運行されているシステムは,比較的少ない輸送要求に対して1~2台程度の車両の割り当てをおこなうものがほとんどであり,数十台程度の車両を相乗り要求に対して効率よく割り当てる手法については,ほとんど手付かずの状況といってよい。
本テーマでは,この課題に取り組む。課題の遂行によって,乗務員の負担を高めることなく,ユーザからの要求を低いコストでかなえる輸送サービスの実現が期待できる。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

関係ある自治体・企業と共同研究或は技術指導が可能である。

本研究の特徴・優位性

本研究は,携帯電話からの逐次乗車申込受付など,基本的なアルゴリズムは既に完成しており,実際への適用段階にある。

お問い合わせ