熱風乾燥カキ殻を利用した水底質浄化技術の開発

keywords.jpgカキ殻,ヘドロ,底質,改善,水質 

山本 民次 

TAMIJI YAMAMOTO

division.jpg生物圏科学研究科 環境循環系制御学専攻 環境予測制御論講座

position.jpg教授

共同研究者 : 浅岡 聡、近藤俊祐

研究概要

研究内容

広島県はカキの産地であり,年間10万トンほどのカキ殻が排出される.これらの多くは土壌改善材あるいは飼料としてリサイクルされている.我々はこれを水質や底質の浄化に効果があることを突き止めた.カキ殻はカルシウム分に富み,非常に多孔質である.したがって,反応性が高く,水や泥のpH調整などにも最適である.すでに,広島の瀬野川河口の泥干潟で実証試験を実施しており,硫化水素の吸着による底質改善で,それまで生物がいなかった場所に生物が戻ってきている.

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

カキ殻の有効利用に関する可能性はまだまだあると考えるが,まずは水質や底質の改善を希望する各種団体等との共同研究や,このテーマに関する講演・助言,コンサルティング,技術指導など歓迎である.
応用分野
主に河口域から海域を対象に研究を行ってきたが,湖沼,池,堀など,さまざまな閉鎖性水域に適用可能である.

本研究の特徴・優位性

カキ殻は多孔質であるため,表面積が大きく,反応性が高い.そのため,水や泥中の物質を効率良く吸着する.広島大学の地域貢献研究として研究を進めてきており,瀬野川河口の泥干潟の実験は同時に広島湾再生行動計画の一環としても取り上げられている.

detailsubtitle3.jpg

1.Asaoka, S., T. Yamamoto, S. Kondo and S. Hayakawa: Removal of hydrogen sulfide using crushed oyster shell from pore water to remediateorganically enriched coastal marine sediments. Bioresource Technology, 100, 4127-4132 (2009.5). 2.Yamamoto, T., S. Asaoka and H. Yamamoto: The Center for Restoration of Basin Ecosystem and Environment (CeRBEE), activity center for integrated coastal management, established in Hiroshima University, Japan. Proceedings of International Symposium on Integrated Coastal Management for Marine Biodiversity in Asia, Kyoto, Japan, pp. 68-72 (2010.1).

お問い合わせ