合理的な意思決定技法とその支援システムの開発

keywords.jpg意思決定,多属性効用分析,支援システム 

西崎 一郎 

ICHIROU NISHIZAKI

division.jpg工学研究院 電気電子システム数理部門 複雑システム基礎論講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

近年の情報開示や説明責任の社会的要請から,特に公共機関における意思決定は外部に明らかにし,その正当性を示さなければならない。そのためには意思決定が合理的でなければならず,それを達成するための技術が必要となってきた。また,他社との激しい競争に晒されている企業においてもこのような技術は強く要求されている。
 これらを可能にする技術の一つとして多属性効用分析がある。多属性効用分析では,意思決定問題の諸目的を数値的に表現する属性を明らかにし,次に個々の属性に対して効用関数とよばれる満足度を表現する関数を意思決定者から引き出し,最終的に全ての属性を考慮した最もよい代替案を示すことができる。
 このような分析技法を更に有効に利用するためには,複雑な問題に当面する意思決定者が適切な指針に誘導されて,自己の問題の捉え方に適合した合理的な決定を行えるための方法論の開発とそのための意思決定支援システムの構築が必要であるが,当研究室ではこれらにかかわる新たな理論・方法論の展開と同時に意思決定支援システムの開発を行っている。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

実際に,地域における現実の意思決定問題を対象とした適用研究も行っており,このような分野に関心のある企業,公共機関,NPO等との共同研究・受託研究・技術指導が可能である。

お問い合わせ