高齢者の姿勢を保つために背筋を無理なく強化する装置

keywords.jpg体幹伸展,高齢者,骨粗鬆症 

浦邉 幸夫 

YUKIO URABE

division.jpg医歯薬保健学研究院 統合健康科学部門

position.jpg教授

研究概要

研究内容

骨粗鬆症によって腰椎の圧迫骨折を起こし、体幹が前方に屈曲してしまう円背変形は高齢者の日常生活を大きく制限する。背筋筋力の強化が、この姿勢の改善に役立つ。高齢者が無理なく運動するために、空気圧を利用し、運動方向を工夫した。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

この分野に関心のある企業等との共同研究・受託研究は可能である。
応用分野
・高齢者の運動療法施設
・スポーツクラブ
・医療機関

本研究の特徴・優位性

従来の体幹伸展の筋力強化マシンは大掛かりで高齢者が好んで運動を行いにくい。高齢者の1/2に骨粗鬆症があるため、背筋筋力を維持・強化することは重要である。人に優しい新しい運動装置の開発が必要と考えた。空気クッションを運動の抵抗に利用、圧センサーにより筋力を測定、坐位で無理なく運動できることが特徴として挙げられる。

detailsubtitle3.jpg

体幹伸展筋力強化装置(特願2005-088994)

お問い合わせ