折り紙スキルによる容器類の体積減量化方法の一提案

keywords.jpg缶,容器,クラッシャブル,座屈,対称性 

有尾 一郎 

ICHIRO ARIO

division.jpg工学研究院 社会環境空間部門 建設構造工学講座

position.jpg助教

研究概要

研究内容

このアイディアは、円筒のねじりに伴う幾何学的観察からの発明です。
エネルギー最小の原理を応用し、その円筒形の構造変形特性を生かした、(飲料)容器のデザインを取り入れる事により、コンパクトに小さくできる体積減量化法の工学的利容技術です。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

円筒容器などの幾何学的に対称性のある薄肉構造体の座屈や折畳めるクラッシャブル容器、強度がある容器などに関心がある企業等との共同研究・受託研究は可能である。
応用分野
・アルミ缶やペットボトルの新しいデザイン
・容器等の用途に応じた合理的なデザイン
・展開構造物等の開発

本研究の特徴・優位性

・少ないエネルギーで容器等を効率良くつぶす事が可能:人の手で、缶を容易に潰す事が可能
・使用後の缶の体積を1/2~1/3程度迄、減量化可能な為、かさばるのを抑える事ができる。
・環境の美観保持や回収方法の改善

detailsubtitle3.jpg

1) 国内特許;円筒状容器およびその製造方法, 国際特許分類B65D 8/14, 特願2006-284517, 出願日平18.10.19発明者: 有尾一郎
2) 国内特許;減量可能なプラスチック容器,特願2007-230974, 有尾一郎, 出願日2007.9.6 3) 国内特許;容器, 有尾一郎, 特願2010-087514, 出願日2010.4.6 4) 国内特許;容器, 有尾一郎, 特願2009-030549, 特願2009-254445, 国内優先権主張出願日平成21年11月5日 5) 国内意匠;包装用瓶 意願2008-010059 2008/4/18 6) 国内意匠;包装用瓶 意願2008-010064 2008/4/18 7) 国内意匠;包装用瓶意願2008-010065 2008/4/18 8) 国内意匠;包装用瓶 意願2008-010066 2008/4/18 9) 国内意匠;包装用瓶 意願2009-000997 2009/1/21 10) 国内意匠;包装用瓶 意願2009-000998 2009/1/21 11) 国内意匠;包装用瓶 意願2009-000999 2009/1/21

お問い合わせ