非晶質リン酸塩を母体とした新規プロトン伝導体の開発

keywords.jpgプロトン伝導体,非晶質リン酸塩,燃料電池 

福岡 宏 

HIROSHI FUKUOKA

division.jpg工学研究院 物質化学工学部門 応用化学講座

position.jpg助教

共同研究者 : 窪田 雄之

研究概要

研究内容

新しい発想に基づき、アモルファスを主体としたリン酸塩を母体とした低コスト・高プロトン伝導体の合成と、その成型技術の開発を行った。
特徴として
・中温度領域(100℃~350℃)で高いプロトン伝導度を示す
・従来の結晶性材料に比べ、合成コストが格段に安い
・粒界の無い理想的なプロトン伝導材料の合成技術
が挙げられる。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

この分野に関心のある企業等との共同研究・受託研究は可能である。
応用分野
次世代高機能燃料電池の固体電解質として利用可能

本研究の特徴・優位性

既にこれまで500℃以上の高温や、100℃以下の低温で高いプロトン伝導度を有する材料が発見されている。しかし、最もエネルギー効率が高く、想定される使用環境に近い中温度領域(100℃~350℃)で動作可能な伝導体はまだ殆どない。

detailsubtitle3.jpg

特願2008-100251 プロトン伝導体およびプロトン伝導体の製造方法

お問い合わせ