大腸菌から真核細胞へのハイスループット直接遺伝子導入法

keywords.jpg四型分泌系,ハイスループット,低コスト 

守口 和基 

KAZUKI MORIGUCHI

division.jpg理学研究科 生物科学専攻 植物生物学講座

position.jpg講師

共同研究者 : 鈴木 克周、田中 克幸

研究概要

研究内容

四型分泌系と呼ばれるバクテリアから真核生物へのタンパク質/核酸輸送系を利用した遺伝子導入法について研究している。出芽酵母への遺伝子導入法としては既に実用レベルにまで引き上げており,一部のミトコンドリア機能阻害剤を用いる事により導入効率を従来法並みに引き上げる事ができる事がわかっている。また,ある遺伝子の変異株は本法による遺伝子導入効率が高く,さらに多型の一つとして広く自然界に存在しているため,この遺伝子の変異株については,ミトコンドリア機能阻害剤処理と組み合わせる事により,更に高効率に遺伝子を導入可能である。
 現在は動・植物細胞への遺伝子導入法としての実用化に取り組んでいる。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

本研究の適用・応用について共同研究を希望する。特に
1) ハイスループットな遺伝子導入を行なう必要がある企業
2) 人工染色体などの長鎖DNAを取り扱う企業
との共同研究を切に希望している。
応用分野
製薬・食品関連の研究開発 ゲノムワイドな有用遺伝子のスクリーニング

本研究の特徴・優位性

導入したい遺伝子を専用のベクターにクローニングした大腸菌と導入したい真核細胞と混合するだけでよい。その為、
1) 簡便なため多サンプルの処理が可能。
2) コストがかからない。
という利点があり、さらに長鎖DNAの導入も容易である。

detailsubtitle3.jpg

特願2007-292999

お問い合わせ