衝撃変態挙動のリアルタイム計測と高衝撃エネルギー吸収特性を持つTRIP鋼の開発

keywords.jpg相変態の発生制御,高衝突エネルギー吸収特性を持ったTRIP鋼 

岩本 剛 

TAKESHI IWAMOTO

division.jpg工学研究院 機械システム・応用力学部門

position.jpg准教授

研究概要

研究内容

自動車の軽量化が必須であり、その材料に軽量かつ高強度化のニーズがある。これに対して材料組織が変形に応じて変化するTRIP鋼は開発されたが、μ秒間に材料組織変化を捉える研究はなく、その信頼性に乏しい。本件急では鍵を握る材料内部の組織変化を実時間で計測し、数値シミュレーションも併せて、より優れたTRIP鋼を開発する。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

この分野に関心のある企業等との共同研究・受託研究は可能である。
応用分野
自動車製造ほか

本研究の特徴・優位性

機械工学に基礎を置いた、材料力学分野における相変態が発生する材料の研究に関してはトップクラス。また、相変態に伴う界面の移動を捉えるため、数値シミュレーションを用いて研究を遂行しています。他にも、ボイド材料のクリープ強度、構造用接着剤の衝撃変形挙動、生体材料も扱い、有限要素法と実験の両アプローチにより研究を総合的に遂行しています。

お問い合わせ