高い破断伸度を示す生分解性マルチブロックコポリマー

大学院工学研究科 中山 祐正 准教授

概要

研究内容
水素化ホウ素希土類錯体を用いて合成した両末端に水酸基を備えるポリ乳酸と、より運動性の高いポリマーとを化学的に結合する事により、生分解性を損なう事なく、機械的特性が改善された新規マルチブロックポリマーを製造する事ができる。

産業界へのアピール

・非常に高い破断伸度と弾性を示す高分子
・環境に優しい生分解性高分子
・生体適合性高分子
両端末水酸基化ポリ乳酸を合成し、より柔軟な他の両末端水酸基化ポリマーと化学的に結合し、マルチブロックポリマーを形成する事により、効果的な物性が改善された安定した材料を開発した。

応用分野、想定業界・用途、企業への期待など
・縫合糸、骨固定具、組織再生足場材、DDS担体等の医用材料
・苗ポット、農薬担体等の農業用途
・釣り糸、網等の漁業用具

この分野に関心のある企業等との共同研究・受託研究は可能である。
応用分野
・縫合糸、骨固定具、組織再生足場材、DDS担体等の医用材料
・苗ポット、農薬担体等の農業用途
・釣り糸、網等の漁業用具

備考

特開2006-183042

共同研究者
塩野 毅、安田 源

お問合せ:
広島大学 産学・地域連携センター (techrd@hiroshima-u.ac.jp)
Copyright © 2019 - Hiroshima University. All Rights Reserved.