産業副産物である石炭灰を有効利用する浸透柱

keywords.jpgヘドロ浄化,泥干潟高度利用,生態系再生 

日比野 忠史 

TADASHI HIBINO

division.jpg工学研究院 社会環境空間部門 地球環境工学講座

position.jpg准教授

共同研究者 : 吉岡 一郎、松原 孝謙

研究概要

研究内容

本修復技術は、
1)石炭灰造粒物から構成される浸透柱を、有機泥が堆積した河床に貫入し、
2)地下砂層と表層との間に流れを起こす事により、
3)堆積泥中に、酸素が供給され、
4)浸透柱周辺の生物棲息環境が改善される(生物による有機泥の無機化を促進する)ものである。
浸透柱を効率的に配置する事により、堆積した有機泥の浄化が可能となる。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

知見の提供,調査,コンサルティング,技術指導が可能である。
このテーマに関する講演,助言などが可能である。
応用分野
・河川干潟環境修復
・干潟環境修復

本研究の特徴・優位性

・潮汐変動及び地下水流動等の自然の力を利用して、河川干潟に堆積したヘドロの浄化(硝化・脱窒)を行う。
・浸透柱の設置により、ヘドロが浄化され、生物の生息量の飛躍的な増大親水性の向上が期待できる。
・環境修復を行う浸透柱は、産業廃棄物である石炭灰を有効活用したものであり、この材料の使用は、環境負 荷低減に繋がる。
従来の水質・底質の改善技術は、底質・水質改善剤等の改質材料を河床、又は、海底の表面付近に設置、又は、散布するものや覆砂、浚渫のように、大規模な工事や残土を伴うものである。 いずれも抜本的に底質、及び、生物生息環境を向上させる事が困難である。

detailsubtitle3.jpg

特許番号:3912682号 感潮河川の泥質および水質改善方法
特許番号:3899385号 感潮河川の泥質・水質の改善方法及びこれに使用する浸透柱
論文(1)富田智,日比野忠史,末國光彦,田多一史,水野雅光:石炭灰造粒物を用いた底質改善技術の検討,海洋開発論文集,第21 巻,pp.743-748,2005.7.(2)日比野忠史,末國光彦,山田恭平,田多一史,富田智,水野雅光:有機泥の堆積した河岸の親水性向上のための施工技術の開発,海洋開発論文集,第22巻,pp.939-944,2006.7.(3)末國光彦,中下明文,横田英嗣,日比野忠史:石炭灰製品を使った感潮河川の環境改善技術,電力土木,No.324,pp.60~65,2006.(4)藤原哲宏,日比野忠史,末國光彦,末次弘道,富田智,水野雅光:浸透柱による水循環の形成と底質改善効果の把握,海洋開発論文集,第23巻, pp. 1135-1140, 2007.7.(5)藤原哲宏,日比野忠史,吉岡一郎,田多一史:ヘドロが堆積する河岸での浸透柱の敷設による水循環の形成,第33回海洋開発シンポジウム2008.7(6)横田英嗣,中下明文,吉岡一郎,日比野忠史:石炭灰造粒物を用いた浸透柱による河川底質改善効果,電力土木,No.334,pp.68~71,2008.

お問い合わせ