青枯病菌高感度検出・診断・防除システムの開発

keywords.jpg青枯病,ファージバイオコントロール,診断・検出システム,予防・防除キット,モニタリングキット 

山田 隆 

TAKASHI YAMADA

division.jpg先端物質科学研究科 分子生命機能科学専攻 分子生命機能科学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

主要農作物の一大病害となっている青枯病の病原菌を土壌・植物体より高感度で検出し、病害の予防・診断・防除を効率的に行う。特異性の極めて高いファージの活用が特徴であり、検出には蛍光・発光標識したファージ粒子を用い、オンサイト・迅速・高感度・簡便法が可能である。予防・防除には宿主域万能ファージが利用できる。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

この分野に関心のある企業等との共同研究・受託研究は可能である。
知見の提供,調査,コンサルティング,技術指導が可能である。
このテーマに関する講演,助言などが可能である。
応用分野
農作物病害診断システム、農作物病原菌検出システム、農作物病予防用生物農薬、及び青枯病防除生物農薬、病害耐性植物品種の検定、病害防除薬等の薬効検定

本研究の特徴・優位性

迅速・高感度(従来の1000倍の効率)な病原菌検出、オンサイト(耕作土壌、農作物体)での直接検出、環境無害・無毒・無汚染、及び高持続性・高特異性・高安定性

detailsubtitle3.jpg

青枯菌に対する溶菌性を示すバクテリオファージ;特願2004-97707
青枯れ病菌感染性バクテリオファージ;特願2006-047865 
Microbiology153, 2630-2639 (2007); J. Bacteriolo., 189, 5792-5802 (2007); J. Bacteriol., 190, 143-156 (2008): J. Bacteriol., 191, 422-427 (2007); J. Biosci. Bioeng., 104, 451-456 (2007); J. Biosci. Bioeng.,in press. (2009); Virology, 384, 69-76 (2009)

お問い合わせ