虫歯菌を選択的に溶解する新しい虫歯予防法

keywords.jpg溶菌酵素,虫歯,虫歯菌,虫歯予防,ネパール 

菅井 基行 

MOTOYUKI SUGAI

division.jpg医歯薬保健学研究院 基礎生命科学部門

position.jpg教授

研究概要

研究内容

ヒトに虫歯を起こす細菌はストレプトコッカス・ミュータンスとストレプトコッカス・ソブリヌスである。当研究室では,ストレプトコッカス・ミュータンスが虫歯原因菌を選択的に溶解する酵素を産生することを見出し,その酵素遺伝子を同定した。酵素はすでに大腸菌を用いた遺伝子組み換え体として得られている。口の中には様々な細菌が生息し,その数において最も多いのは連鎖球菌グループの細菌,特にストレプトコッカス・サリバリウスやストレプトコッカス・サンギニスである。これらの口腔細菌はお互いの異常な増殖を牽制(拮抗)する作用を有し,一方で,ある菌が産生する代謝産物が他の菌の栄養分になるというように助け合う(共生)作用も有している。このような口の中の環境において抗菌剤や消毒剤をむやみに用いることは口の中の細菌のバランスを壊してしまう事になり,口腔衛生上,好ましいとは言えない。その意味で,本酵素は口腔細菌の中で虫歯原因菌のみを選択的に溶解する性質を持つことから,虫歯予防のための理想的な抗菌剤として,歯磨き・うがい剤・貼付薬剤他への応用が可能と考えられる。 関心ある企業と,実用化に向けての共同研究を希望している。

お問い合わせ