人間-機械システムにおける操作特性の評価と解析手法

keywords.jpg人間-機械システム,生体運動特性,生体関節トルク特性,操作性 

辻 敏夫 

TOSHIO TSUJI

division.jpg工学研究院 電気電子システム数理部門 サイバネティクス応用講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

自動車をはじめとする人間が操作する機械システムの研究開発は,機能やデザイン設計もさることながら,その操作性(使い易さ)を十分に配慮して行うことが重要である。そのためには,機械システムを操作する人間の運動特性を明らかにするとともに,それらを考慮した評価手法が必要となる。
これまでに本研究室では,人間-機械システムにおける人間の手先追従作業を取り上げ,機械特性に対して変化する人間の運動制御特性に関する基礎資料を作成している。また一方で,四肢の関節トルク特性を明らかにし,実験により得られた結果を基にして人間の力操作能力を定量的に解析評価する手法を確立している。

本研究の特徴・優位性

これらの人間工学に基づいた評価技術を応用することにより,人間にとって使いやすい機械製品の研究開発が期待できる。

お問い合わせ