精密鋳造法を利用した軽合金基複合材料の製造技術の開発と最適化設計

keywords.jpg軽金属基複合材料,半溶融撹拌法,スクイズキャスト法,低圧含浸法,最適化設計 

佐々木 元 

GEN SASAKI

division.jpg工学研究院 材料・生産加工部門 機械材料工学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

セラミックスや金属の繊維・粒子を分散材として利用するアルミニウムおよびマグネシウム合金基複合材料は,精密鋳造法により製造するのが一般的である。
 当研究室では,精密鋳造法の中で半溶融撹拌法,高圧鋳造法,低圧含浸法に関する複合材料製造技術の開発を行っている。特に,既存の小規模鋳造設備でも可能な低圧含浸法については,セラミックス多孔体にマグネシウムを蒸着させてセラミックス表面を改質し、金属溶湯を容易に含浸させる方法について多くの実績とノウハウを保有している。また,マグネシウム以外の各種金属についても研究中で,多くのデータを蓄積している。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

このような研究分野に関心のある企業等との間で共同研究・受託研究・技術指導が可能である。

本研究の特徴・優位性

複合材料はニーズに合わせて設計することが重要で,明確な仕様を設定した後,製造技術の最適化設計を行う。軽合金基複合材料の効果として構造材料については,軽量化,複雑形状化,高温特性,熱的寸法安定性,耐磨耗性等,機能材料については,良熱・電気伝導性,高減衰率,特殊環境(高真空,放射線)性等の向上が期待できる。 

お問い合わせ