高輝度X線を用いた蛋白質構造の高精度解析

keywords.jpg蛋白質,立体構造,X線解析,タンパク3000 

片柳 克夫 

KATSUO KATAYANAGI

division.jpg理学研究科 数理分子生命理学専攻 生命理学講座

position.jpg准教授

研究概要

研究内容

従来,医薬品開発は錬金術的に進められてきたが,遺伝子が作りだす蛋白質の機能をその分子構造を明らかにすることによって,効率的に開発できることが解ってきた。現在はまだ分子構造の明らかな蛋白質の数が極めて少ないため,分子構造で蛋白質のすべての機能を説明することはできないが,蛋白質の機能改変を考える上で,唯一の具体的かつ詳細な情報源である。 そこで,医薬品開発者他が現在取り組んでいる蛋白質及び新薬等との作用蛋白質の立体構造の解明に関し,共同研究で取り組みたい。
 全ての蛋白質の立体構造を解明するには数年ほどの時間を要するが,次々と解明されてくる蛋白質の立体構造から得られる詳細な情報は,機能開発において他者より先行できる有用性を持っている。 幸い現在,蛋白質の構造・機能解析を進める国家事業「タンパク3000プロジェクト」に参加しているため,蛋白質X線解析のための十分な設備,技術,情報源を持っているので迅速な対応が可能である。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

共同研究・受託研究は可能である。

お問い合わせ