次世代マルチメディア情報検索サービス技術の開発

keywords.jpgマルチメディアサービス,画像符号化,映像検索,画像通信,スケーラビリティ 

児玉 明 

MEI KODAMA

division.jpg情報メディア教育研究センター 情報メディア教育研究センター

position.jpg准教授

研究概要

研究内容

ブロードバンドインターネットの現代,このインターネットを利用して,映像観賞やショッピングなど様々な用途で映像情報が使われている。 この映像情報の容量は,その活用範囲の広がりとともに増大する傾向にあり,その情報の効率的な管理(圧縮,構造化など)や高速で自由な検索方式の開発,更には著作権への対処など,流通面・利用面における技術的課題が山積みとなっている。 本研究では,DVDやデジタル放送で利用されている動画像圧縮技術(MPEGなど)のノウハウを有しているため,データベース容量を従来の約3割を削減する映像処理技術や,画像情報の特徴を利用し,静止画像から動画像まで拡張し、従来の数千~数百倍もの超高速で映像を検索する方式を開発している。また,画像の検索スケールに対応した,スケーラビリティ技術の開発も行っている。 今後は,このようなマルチメディア情報を利用者が利用しやすく,かつ,低コストなネットワーク環境や利用環境を構築するため,この情報提供サービス技術を実用化する共同研究を実施していきたい。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

この分野に関心のある企業等との共同研究・受託研究は可能である。
知見の提供,調査,コンサルティング,技術指導が可能である。
このテーマに関する講演,助言などが可能である。
企業と実用化のための共同研究を行いたい。
本研究の適用・応用について共同研究を希望する。
応用分野
情報配信、画像検索、著作権管理

本研究の特徴・優位性

従来は画像検索を行う際、インデックス情報を付加するか、或いは、空間的な特徴情報を利用したデータベース開発が行われている。一方、本技術では空間方向に加えて時間方向の特徴情報も追加することで、静止画のみならず動画像まで検索対象に含めることが可能となり、動画の超高速に対応可能である。また、動画像の部分データの検査や、情報特定としての技術を有する。さらに、情報のスケーラビリティ技術拡張により、適応的なシステムへ対応可能である。

detailsubtitle3.jpg

特願2004-106386 、特許 第3555756号、特願2004-318414

お問い合わせ