ナノ粒子-ポリマー複合体(ナノコンポジット)の合成と評価

氏名奥山 喜久夫 | おくやま きくお 現在 広島大学に在籍していません
所属工学研究院 物質化学工学部門 化学工学講座
職階教授
キーワードナノコンポジット ポリマー電解質 光学材料 蛍光材料 光メモリー材料
関連分野

概要

研究内容
当研究室では,各種のナノ粒子をポリマー中に均一に分散させて得られる複合体である「ナノコンポジット」の合成と評価について研究を行っている。
 これらは,次に示すように,種々の分野における次世代材料としての応用が期待されるものである。
①ポリマー電解質
 酢酸亜鉛と水酸化リチウムを用いて,ポリマー中でゾル‐ゲル法によって酸化亜鉛を合成することにより,ナノ粒子分散型蛍光性ポリマー電解質が得られる。これは,エレクトロニクス材料への応用が期待される。
②光学材料
 ゾル‐ゲル法によって合成した酸化チタン・酸化亜鉛などの光機能性のナノ粒子と,シリカのナノ粒子を複合化することにより,例えば可視光透明の紫外線遮蔽性の微粒子が製造でき,顔料や化粧品材料としての応用が期待できる。
③蛍光材料
 蛍光強度の強い単結晶の蛍光体ナノ粒子の製造が可能になったので,これらをポリマー中に分散して得られるナノコンポジット材料は,白色蛍光体など各種の蛍光材料への応用,光メモリー材料などへの応用の可能性がある。