メソポーラス材料の製造と構造の制御

keywords.jpgメソポーラス材料,多孔質シリカ,自己組織化,エレクトロニクス材料,大量合成 

奥山 喜久夫 

KIKUO OKUYAMA

division.jpg工学研究院 物質化学工学部門 化学工学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

ナノメートルから数十ナノメートルオーダーのメソポアを持つ多孔状の微粒子は,触媒,クロマトグラフ材料,薬剤のコントロールリリース材料,顔料,マイクロエレクトロニクス材料,光エレクトロニクス材料など,多くの分野での次世代材料として期待がもたれている。
 当研究室では,メソスケールで規則的な配列のポアを持つ多孔性シリカ微粒子の製造に世界で初めて成功した。この方法は,シリカのナノ粒子からなるコロイドにポリスチレンラテックス粒子を混合し,低温での噴霧乾燥により自己組織化を行い,加熱・焼成するもので,極めて短時間で微粒子の製造が可能であり,大量合成への道が開けたと考えられる。 

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

これらの分野に関心のある企業等との共同研究,受託研究が可能である。

お問い合わせ