ナノ粒子材料の液相合成プロセス技術の開発

keywords.jpgナノ粒子,液相合成,単結晶,エレクトロニクス材料,表示材料 

奥山 喜久夫 

KIKUO OKUYAMA

division.jpg工学研究院 物質化学工学部門 化学工学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

ナノテクノロジーは,将来の広範な産業の基盤となる技術である。この技術では,ナノ材料が重要な分野を占めているが,ナノ粒子はナノ材料を構成するキー原料である。
 ナノ粒子の合成法の一つである「液相法」について種々の研究を行っており,その代表例を示す。
①液相還元法による金属ナノ粒子の連続合成
 次世代のマイクロエレクトロニクス材料・磁気記録材料などとしての応用が期待されている各種の金属ナノ粒子の連続合成を実現している。
②噴霧熱分解法による単結晶ナノ粒子の直接製造
 新たに開発した塩添加噴霧熱分解法により,各種金属酸化物・硫化物・金属の単結晶ナノ粒子の製造が可能になった。これらの材料は,その特性から次世代表示材料などへの応用が期待されている。 

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

製造装置の設計も含め,これらの分野に関心のある企業等との共同研究,受託研究が可能である。

お問い合わせ