ポリマー+超臨界流体系の平衡・輸送物性の測定と解析

keywords.jpg超臨界流体,溶解度,拡散係数,粘度 

滝嶌 繁樹 

SHIGEKI TAKISHIMA

division.jpg工学研究院 物質化学工学部門 化学工学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

ポリマー中に超臨界流体(臨界温度を超えた高圧ガス)が溶解した場合,ポリマーの種々の物性が変化し,これを利用することによって種々の応用が可能となる。当研究室では,溶解度,拡散係数,粘度,密度,液液平衡を測定するための高圧装置を多数有しており,これらの物性に関する研究を行っている。このような領域での共同研究,受託研究,技術指導が可能である。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

共同研究,受託研究,技術指導が可能である。
応用分野
機能性高分子材料の製造
高分子成形加工

本研究の特徴・優位性

最近ではポリマーの物理発泡剤として安全性が高く環境にやさしい二酸化炭素が注目されているが,この二酸化炭素の溶融ポリマー中の溶解・拡散・粘度特性に関する研究では,当研究室が世界のトップであると自負している。

お問い合わせ