新規抗菌ペプチドの同定と合成アナログ分子の開発

keywords.jpg抗菌ペプチド,薬剤耐性細菌,病原性細菌 

浮穴 和義 

KAZUYOSHI UKENA

division.jpg総合科学研究科 総合科学専攻 行動科学講座

position.jpg准教授

研究概要

研究内容

近年、多くの院内感染や食中毒の拡大が深刻化しており、少子高齢化の現代において免疫力の弱い子供や高齢者の死亡率の爆発的な増加が危惧されている。この院内感染の原因は、多剤耐性緑膿菌・メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)・バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)などの抗生物質や消毒液に対する耐性細菌の感染である。薬剤耐性細菌の出現を減らすために医療現場での抗生物質の使用量を減らす努力が望まれている。その一方、抗生物質以外の新規の抗菌物質の探索とその応用が急務である。
 本研究は抗生物質に代わる新規抗菌物質の同定とその利用を目的とし、両生類の皮膚から抗菌ペプチドの同定を行い、医薬資源の発見と利用を目指す。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

本研究の適用・応用について共同研究を希望する。
応用分野
医学・薬学分野、食品分野

本研究の特徴・優位性

両生類が持つ抗菌ペプチドは我々の人体に対する副作用や有害作用が極めて小さく、抗生物質の代わりとなる抗菌物質として期待されている。一方、抗菌ペプチドに関する研究の問題点として、抗生物質耐性細菌の出現と同様に、ヒトの抗菌ペプチド耐性細菌の出現が懸念される。しかしながら、両生類が持つ抗菌物質はその系統発生学的な違いから、ヒトの抗菌物質に対する耐性菌の出現は危惧しなくても良いという利点がある。

detailsubtitle3.jpg

特許申請準備中

お問い合わせ