ナノ微粒子分離用の新規高性能サイクロン(乾式及び湿式)の開発

keywords.jpg集塵,サイクロン,ナノ粒子,粒子分離,外面温度 

吉田 英人 

HIDETO YOSHIDA

division.jpg工学研究院 物質化学工学部門 化学工学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

当研究室では新規なサイクロンを開発している。
 乾式サイクロンは,分離径が容易に変更できるように,従来のサイクロンの入口部に円周方向に移動可能な円弧状の案内板を設置した構造で,ブローダウン方式を併用することにより分離径を0.5
~5μmの範囲で高精度に選別・分離することを可能とした。
 湿式サイクロンは,界面が活性なミストをサイクロン粒子流れの逆方向から投入し,微粒子を付着させて遠心力及び静電気力で効率的に捕集する。サイクロン入口部に案内板を設け,ブローアップとブローダウンを併用することにより,より広範囲な分離径制御が可能である。
 これらのサイクロンは,半導体分野の研磨剤の調整,積層コンデンサの材料開発,コピー機トナーの粒度調整,液晶スペーサの粒度調整,資源リサイクルにおける粉体の分離など,微粒子取扱い分野に広く適用可能である。また,湿式サイクロンは微粒子のみならずガスの捕集・浄化にも利用できる。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

このような研究分野に関心のある企業等との間で共同研究・委託研究・技術指導が可能である。
応用分野
セラミック粒子の分級 トナー粒子の分級

本研究の特徴・優位性

従来の乾式サイクロンにおいてはサブミクロン領域での分離径の可変操作は困難であった。提案するサイクロンは分離径の可変操作が容易である。また液体サイクロンにおいても分離径を通常型よりも小さくすることが可能である。

detailsubtitle3.jpg

特願2002-053770, 特許3795411号 特願2002-193493, 特開2004-033885 特願2002-109950, 特開2003-305383 特許3361823号 特願2003-352750 特願2003-352774 論文:'局所的な流動制御を利用した乾式サイクロンの高性能化,' 化学工学論文集, 33(2), 92-100 (2007)

お問い合わせ