人工心肺装置の体外循環操作訓練用シミュレータの開発

keywords.jpg人工心肺,体外循環,訓練用シミュレータ,異常事態対処法 

末田 泰二郎 

TAIJIRO SUEDA

division.jpg医歯薬保健学研究院 応用生命科学部門

position.jpg教授

研究概要

研究内容

人工心肺装置を用いた心臓手術は,日本では年間4万例以上と多数行われている。心臓手術においては,人工心肺装置による体外循環は生命に直結する重要な操作であるが,現状では操作訓練用シミュレータは無く,操作技術の習得を臨床現場以外で行うことは不可能となっている。これらに起因して,操作者の未熟さが原因と考えられる体外循環の事故例も報告されている。
 このような背景の下で我々は,訓練用の複合型体外循環シミュレータの開発を計画している。構想では,人工心肺装置操作部(本体)と模擬循環回路部,血行動態シミュレーション部,画像生成・提示部などを有するハイブリッドシミュレータ方式を考えている。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

このような分野に関心のある企業等と共同研究・開発が可能である。

本研究の特徴・優位性

これが実現できれば,これまで臨床現場以外では困難であった体外循環技術についての定型的操作訓練及び異常事態発生時における事象の理解と適切な対処法の習得が可能になると考えている。

お問い合わせ