軽元素系水素貯蔵材料の研究

keywords.jpg水素貯蔵,軽元素系水素貯蔵物質,錯体系水素貯蔵物質,炭素系水素貯蔵物質,水素化マグネシウム 

小島 由継 

YOSHITSUGU KOJIMA

division.jpg先進機能物質研究センター 先進機能物質研究センター

position.jpg教授

研究概要

研究内容

近年、環境問題を背景に、化石燃料主体のエネルギーシステムから脱却し、水素をエネルギー媒体としたクリーンで持続可能なエネルギーシステムへの移行が検討されている。このようなシステムを構築するために,水素をコンパクト,且つ安全に貯蔵・輸送する手段として,水素貯蔵物質が注目されており,世界中で精力的に研究が行われている。物質が化学的に水素を吸蔵する場合,その物質を構成する元素1個あたりに貯蔵可能な水素原子は1~3個である。従って,高重量密度な水素貯蔵を実現するためには,リチウム,窒素,炭素,ホウ素,マグネシウムのような軽元素で構成された物質を用いる必要がある。しかしながら,軽元素系水素貯蔵物質は,多くの場合,反応熱が大きく,かつ反応速度が遅いという問題を有している。我々は,これらの物質の水素吸蔵/放出メカニズムを解明し,熱力学,及び反応速度を制御することを目的とした研究を行い,これまで,水素化マグネシウム,金属錯体,炭素系物質など様々な物質系に関する多くの研究成果を報告してきた。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

知見の提供,調査,コンサルティング,技術指導が可能である。
このテーマに関する講演,助言などが可能である。
応用分野
車載用水素貯蔵タンク

本研究の特徴・優位性

現在,世界中で注目されているほぼ全ての水素貯蔵材料に関する知見を有する。
世界の軽元素系水素貯蔵材料の研究動向を把握している

お問い合わせ