リチウム等を含む活性な材料における空気非接触分析技術と搬送装置の開発

keywords.jpg水素機能性材料,水素貯蔵,リチウムイオン電池,電気二重層キャパシタ,空気非接触分析 

小島 由継 

YOSHITSUGU KOJIMA

division.jpg先進機能物質研究センター 先進機能物質研究センター

position.jpg教授

研究概要

研究内容

環境問題を背景に,高容量で高効率なエネルギー貯蔵媒体に関する研究開発が盛んに行われている。その一つは水素貯蔵材料であり,可逆的な化学反応を利用したケミカルハイドライドが注目されている。もう一つは,リチウムイオン電池等の蓄電デバイスであり,ハイブリッドカー等への応用を見据えて,高容量・高出力を目指した研究開発が盛んに行われている。これらの材料は,リチウム・マグネシウムなどのアルカリ金属・アルカリ土類金属を含んでいたり,非常に活性であるため,空気と接触させると空気中の水蒸気との反応や酸化により測定試料が組成変化してしまい,本質的なキャラクタリゼーションを困難なものにしている。我々は,種々の分析を空気非接触環境 (場合によっては雰囲気も制御)で実現する工夫を凝らし,その特性評価を正しく行う技術を培って来た。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

この分野に感心のある企業等との共同研究・受託研究は可能である。また,知見の提供,技術指導が可能である。興味を持って頂けるならば,企業と実用化のための共同研究を行いたいと考えている。
応用分野
水素貯蔵材料,電気二重層キャパシタ,リチウムイオン電池

本研究の特徴・優位性

昇温脱離質量数分析や示差走査熱量測定,赤外吸収分光,粉末X線回折を空気非接触を保ったまま分析が可能である。また,搬送装置を用いることで,イオンビーム,X線吸収微細構造,光電子分光,ラマン散乱など種々の分析を空気非接触で行うことが出来る。材料合成から分析に至る全てのプロセスにおいて,空気に触れさせない状態で取り扱うことが可能であるため,少量の試料で正確な測定が可能である。

お問い合わせ