最適化技術を用いた分散型エネルギーシステムの最適計画法の研究

keywords.jpg分散型電源,最適化,エネルギーコスト,電力貯蔵装置,外面温度 

造賀 芳文 

YOSHIFUMI ZOKA

division.jpg工学研究院 電気電子システム数理部門 複雑システム応用講座

position.jpg准教授

研究概要

研究内容

マイクロガスタービンや燃料電池などの分散型電源が注目を浴びてきており,導入も進んでいる。これらは熱も利用できるコージェネレーションとして運用されていて,負荷のタイプによってはエネルギーコストの削減が可能である。しかしながら,分散型電源の出力については,電力負荷に追従,もしくは熱負荷に追従という簡単な運用方法がとられており,一定の効果はあるが,電力の貯蔵,熱の貯蔵まで包括的に考慮された運用方法とはいえない。
 最近ではNaS電池・電気二重層キャパシタなど小型の電力貯蔵装置が実用化されつつあり,分散型エネルギーシステムに組み込まれる可能性がみえてきた。一方,熱についてはかねてから温水器などの蓄熱装置が実用化されている。
そこで,当研究室では,遺伝的アルゴリズム,タブーサーチなどに代表されるメタヒューリスティックス手法による最新の最適化技術を用い,電力の発生と貯蔵及び熱の発生と貯蔵を考慮した分散型エネルギーシステムの最適計画法を研究している。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

このような分野に関心のある企業との間で共同研究・受託研究が可能である。
応用分野
省エネルギー,環境対策

本研究の特徴・優位性

上記研究を電気設備学会誌に投稿し,第17回電気設備学会賞(学術部門・論文奨励賞)を受賞した。

お問い合わせ