自己組織化アルミナナノホールの形成とそれをテンプレートとしたナノ構造形成

keywords.jpgアルミナナノホール,陽極酸化,ナノ構造体,シュミュレーション,ゲノム構造解析 

高萩 隆行 

TAKAYUKI TAKAHAGI

division.jpg先端物質科学研究科 量子物質科学専攻 量子物質科学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

高純度アルミニュウム板表面を特定の条件で陽極酸化を施すと、表面にアルマイト膜(酸化アルミ)膜が形成されると同時に、ナノメートルサイズの孔が開いた構造となることがよく知られている。
 我々は長年このナノメートルホールを自己組織的に制御して形成することと、それを鋳型として利用してナノ構造体を形成することを実施してきた。例えば、ナノホールに炭素繊維の原料高分子であるポリアクリロニトリル(PAN)を埋め込んでPANのナノファイバーを形成し、それをさらに炭化して炭素質のナノチューブを形成することに成功している。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

この分野に関心のある企業等との共同研究・受託研究は可能である。

お問い合わせ