ラングミュアーブロジェット法による有機単分子膜の形成

keywords.jpg有機単分子膜,ラングミュア-ブロジェット法,LB法,単分子配列体 

高萩 隆行 

TAKAYUKI TAKAHAGI

division.jpg先端物質科学研究科 量子物質科学専攻 量子物質科学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

直鎖状有機分子の両端に親水性と疎水性の官能基を有する物質を「両親媒性物質」という。例えば一般に使用している石鹸もその一種である。この両親媒性物質を水面に展開して水面上に単分子膜を形成した後、各種の基板表面に掬い取ることによって、基板表面にきわめて規則性の高い単分子膜を形成することができ、この作成方法をラングミュアーブロジェット法(LB法)と言う。
 我々は、高級脂肪酸をはじめとする多くの物質系のLB膜を形成した経験を有する。LB膜中では各分子はきわめて規則正しく配列していて、各種のナノテクノロジーの基礎材料としての利用も可能と考えられる。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

この分野に関心のある企業等との共同研究・受託研究は可能である。

お問い合わせ