ダイヤモンドライクカーボン膜のバルク構造・表面構造解析

keywords.jpgダイヤモンドライクカーボン,DLC,バルク構造,表面構造,接着性 

高萩 隆行 

TAKAYUKI TAKAHAGI

division.jpg先端物質科学研究科 量子物質科学専攻 量子物質科学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

ダイヤモンドライクカーボン(DLC)膜は硬度が非常に高く、また、潤滑性がある等の理由から、金属材料や中には高分子材料の表面被覆薄膜として利用されることが多くなってきている。
 例えば、剃刀の先をDLCでコートすることによって、切れ味を長期に維持している。また、プレス金型の内面をコートすることで金型の磨耗を防いでいる。また、医療用具の表面をDLCでコートすることによって、生体適合性を向上する試みも行われている。
 我々は、DLCのバルク構造の解析をラマン分光法で行うとともに、独自に開発したX線光電子分光(XPS)測定・解析法等を駆使して、表面構造の解析も行うことができる。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

この分野に関心のある企業等との共同研究・受託研究は可能である。

お問い合わせ