金・銀等の貴金属ナノ粒子によるプラズモニクス現象を利用したセンサーの開発

keywords.jpgプラズモニクス,貴金属,ナノ粒子,センサー 

高萩 隆行 

TAKAYUKI TAKAHAGI

division.jpg先端物質科学研究科 量子物質科学専攻 量子物質科学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

金や銀などの貴金属のナノ粒子は数nm程度の粒子径になると、光と特殊な電磁気学的相互作用を起こす。これをプラズモニクスと言い、金属の種類や粒子径によって透過光が特有のスペクトルを示す。また、これらの金属ナノ粒子表面の誘電率を変化させるとプラズモニクススペクトルが変化する。
 この現象を利用することで、単分子以下の極微量の吸着物の挙動を観察することが出来る。例えば、抗原抗体反応やDNAの相補結合の形成などのセンサーとしての応用への有用性が高い。 我々は、自らこれらの金属ナノ粒子を作製することも出来、さらに、基本的なセンサー技術も保有している。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

この分野に関心のある企業等との共同研究・受託研究は可能である。

お問い合わせ