腐食した橋梁等鋼構造物の強度評価技術の研究

keywords.jpg腐食,強度評価,余寿命評価 

藤井 堅 

KATASHI FUJII

division.jpg工学研究院 社会環境空間部門 建設構造工学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

腐食した鋼構造物の強度を正確に評価することは,適切かつ合理的な維持管理を行うために不可欠である.
本テーマは,橋梁などの腐食をともなう鋼構造物の維持管理のための,1)強度評価に必要な計測技術,2)保有強度の評価技術,3)将来的な強度劣化予測技術を確立するものである.
 一般に実施されている維持管理手法は,設計時に机上で計画されるBMS(ブリッジマネージメントシステム)などのソフト的な手法であるため,使用環境などの影響の検討が不十分で,適切な強度・寿命評価がなされているとは言いがたい。
本研究は,現時点での腐食構造物に対し,強度評価に必要な計測項目・計測技術を明らかにし,その計測結果を基に保有強度を定量化するとともに,補修計画・劣化予測・余寿命評価等を具体的に提案するもので,継続的な信頼性のあるメンテナンスを可能にする点に特徴がある.
 本四架橋などの大規模橋はかなり計画的な維持管理が実施されているが,地方自治体などが管理する中小規模の橋の検査は具体性に欠け,危険になるまで見過ごされている例が多い。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

この分野に関心のある企業等との共同研究・受託研究は可能である。

お問い合わせ