電力システムの運用・制御・解析に関連する研究

keywords.jpg 

餘利野 直人 

NAOTO YORINO

division.jpg工学研究院 電気電子システム数理部門 複雑システム応用講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

近年、電力システムの運用には様々な要素技術が関連している。近年は電力自由化により、電力システムの環境も変化し、新しい研究課題が数多く出現している。本研究では、従来から蓄積している電力系統技術を最大限に活用して、下記の項目に関連する問題解決を行う。
・需要予測、自然エネルギー発電量予測等に関する研究
・複数電源の最適予備力確保手法、経済負荷配分法
・負荷周波数制御に関連する研究
・電力系統運用計画
・制御器の設計問題
・電力系統解析法の開発
・分散電源に対応可能な自律形電圧制御方式等の研究

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

この分野に関心のある企業等との共同研究・受託研究は可能である。知見の提供,調査,コンサルティングも可能である

お問い合わせ