核融合プラズマの瑶動の研究

keywords.jpgプラズマ,瑶動,MHD,乱流 

西野 信博 

NOBUHIRO NISHINO

division.jpg工学研究院 材料・生産加工部門 機械材料工学講座

position.jpg准教授

研究概要

研究内容

本研究の目的は、プラズマ挙動、特に、プラズマ乱流構造の解明とその制御を目指し、大型装置を製作する上で重要なエネルギー閉じ込めのスケーリングに関する理解を深めることにある。
 従来、トカマクにおいてエネルギー閉じ込めに関する研究が進んでいたが、閉じ込めスケーリングを説明できる理論・シミュレーション結果はない。閉じ込め性能を決めているのは、プラズマの乱流、特に、周辺乱流であると信じられているが、実験的にも完全な理解がなされていない。
 一方、近年トカマク以外の磁場閉じ込めのプラズマにおいても、周辺プラズマ乱流が今まで考えられていた以上の空間スケール(数~数十cm)で発生していることがHeliotoron J、LHD、NSTXはじめ多くの磁場閉じ込め装置で確認できつつある。これらの瑶動は磁力線に沿ったフィラメント状の瑶動で、主にプラズマ周辺部で確認されている。この瑶動が直接プラズマの閉じ込め性能を決めているという実験的確証はまだないが、複数の高速カメラを利用して、2-3次元でのプラズマ計測ができれば、閉じ込め性能との関連を考える上で、きわめて貴重な情報が得られると考えている。

お問い合わせ