ハロシラン類の選択的合成とその利用

氏名大下 浄治 | オオシタ ジョウジ
所属大学院工学研究科
職階教授
キーワードハロシラン シリルエーテル シリルエステル 熱架橋 ハロシラン類
研究者総覧http://seeds.office.hiroshima-u.ac.jp/profile/ja.9fea3547bdfd2fd0520e17560c007669.html

概要

研究内容
当研究室では,有機ケイ素化合物の化学について研究している。その一つとして,有機工業化学及び合成化学の分野で有用な原料となる各種のハロシラン類の効率的な合成法とハロシラン類が持つ反応性の利用に関するものを挙げることができる。
 ハロシラン類は,合成化学の分野では広く用いられており,例えばヨード及びブロモシラン類は環状エーテルやラクトンと反応して該当するシリルエーテルやシリルエステルを高収率で生成する。しかし,これらのハロシラン類は空気中の水分でも容易に分解するなどきわめて不安定で取り扱いが容易でない。
 我々は,より安定で取り扱いやすいヒドロシラン類とヨウ化アルキル(又は臭化アリル),又はジエチルアミノトリメチルシランとヨウ化メチル(又は臭化アリル)の混合物が,該当するハロトリアルキルシランと合成化学的に等価な作用をして,環状エーテルやラクトンと反応することを見出しており,反応試剤として種々の利用が期待される。