動画を用いた表情理解のための学習プログラム

keywords.jpg表情理解,学習プログラム,自閉症,特別支援教育,社会福祉 

若松 昭彦 

AKIHIKO WAKAMATSU

division.jpg教育学研究科 特別支援教育学専攻 特別支援教育学講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

表情理解に困難のある自閉症児(者)や知的障害児(者)等の表情理解学習には,主にイラスト・写真といった静止画像が用いられている。当研究室では,学習者の感性にいっそう効果的に働きかける動画を用い,コンピュータ画面上で学習できる表情理解学習プログラムを開発している。学習ではタッチパネル上の操作ボタンを押して,表情に合致した感情語を選択するもので,6ステップで段階的にレベル向上を図ることができる。また,操作は全てパソコン上でなされるので,集団学習から自己学習まで,多様な対応が可能である。
 このプログラムは,自閉症児(者)等が苦手な,音声,身振り,感情を喚起する状況などの学習にも応用でき,特別支援教育(自宅,療育施設,特別支援学校・学級等での表情理解学習),社会福祉(福祉施設,就労前訓練機関等)などで利用できる。また,小中学校等でのソーシャルスキル教育の教材としても利用可能である。
 今後,試作版の専用プログラム化,誤答時に提示する最適なヒント内容の決定,正答のフィードバック時に随伴させる言葉の効果の検討などを実施し,企業と連携して実用化したい。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

企業と共同研究を行いたい。

お問い合わせ