IT活用多次元ロールプレイによる卓越した医療人教育

keywords.jpgおくすり治療部,患者百選,ロールプレイ講習会・講演会,ロールプレイ臨床実習,オメガモン博士シリーズ 

森川 則文 

NORIFUMI MORIKAWA

division.jpg医歯薬保健学研究院 応用生命科学部門

position.jpg教授

研究概要

研究内容

「IT活用多次元ロールプレイによる卓越した医療人教育」は,医療現場を支えている地域社会の薬剤師に臨床薬剤師として成長する機会を提供し,共に薬剤師を目指す学生が参画することで,高度な知識・技術を修得し,高い倫理性と医療人としての広い視野を持ったリーダシップの取れる高度医療技術者を養成し,地域社会に広める事を目的とする取組である。
 この取組では,広島大学病院の「おくすり治療部」で開発したオリジナルソフト(ロールプレイ型外来診療体験ソフト「患者百選」)と薬学部の臨床薬学教育コンテンツを利用し,「インターネットによる自己学習」,「各地区でのロールプレイ講習会・講演会」,「広島大学でのロールプレイ臨床実習」を組み合わせ,広域地域を対象とした実践深化型教育プログラムを実施する。これにより,薬剤師と薬学生が相互理解を深め,薬剤師の資質向上に努める。
本テーマは,「地域連携薬剤師高度化教育プログラム」として,平成18年度現代的教育ニーズ取組支援プログラムで選定された。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

地域社会で活動している医療人の参加を希望している。

お問い合わせ