製鋼スラグを利用した水質・底質改善技術の実用化

keywords.jpgスラグ,環境,海,水質,プランクトン 

山本 民次 

TAMIJI YAMAMOTO

division.jpg生物圏科学研究科 環境循環系制御学専攻 環境予測制御論講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

我が国の水域ではリン濃度の低下が著しく,これにより窒素など他の元素との比率が異常な水域がある。
元素比率のゆがみが一因となって,有害・有毒プランクトンが発生し,例えば,広島湾のカキ養殖などは生産量が大きく落ち込んでいる。そこで,P, Si, Feといった有用元素を含む製鋼スラグを用いて,善玉植物プランクトンの増殖を促進することで,水質・底質の改善を図る.

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

水質改善技術の実用化に向けて,企業,各種団体等と共同研究を行いたい。また,このテーマに関する講演・助言など可能.
応用分野
公共事業,エビ等養殖池,堀,ため池,水路などの水質・底質改善

本研究の特徴・優位性

製鋼スラグは,鉄を作る際の副産物であり,従来,産業廃棄物として扱われてきた。しかしながら,スラグの成分には海洋生態系を健全に保つ善玉植物プランクトン(珪藻)の増殖を促すSi, P, Feを含んでいる.製鋼スラグの特性を生かせば,沿岸海域の水質改善に有効に利用が可能である.

detailsubtitle3.jpg

特願2004-231595 移転先:日本総合科学(株)

お問い合わせ