底生微細藻類を利用した底質改善技術の実現

keywords.jpg環境,海,藻類,汚濁,ヘドロ 

山本 民次 

TAMIJI YAMAMOTO

division.jpg生物圏科学研究科 環境循環系制御学専攻 環境予測制御論講座

position.jpg教授

研究概要

研究内容

ここで開発中の手法は,自然の生物に備わった能力(底生微細藻が底泥から栄養塩を高率に吸収し,弱光環境でも光合成を行い,酸素を放出することで還元的底質を酸化的にし,底生生物の生息を可能にする特徴)を最大限に引き出し,富栄養化した海域に底生微細藻を投入することで底質の改善を図る技術である。 

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

実用化に向けては,更なる研究の積み重ねが必要であり,企業や各種団体等との共同研究を行いたい。また,このテーマに関する講演・助言など可能.
応用分野
公共事業,エビ等養殖池,堀,ため池,水路などの底質改善

本研究の特徴・優位性

従来行われてきた底質改善方法は,浚渫や覆砂など工学的な手法ばかりであり,いずれも対処療法的であり,また,ときに生物に対する生息環境を急激に変化させてしまうことによって,更に環境の悪化を招く場合もあった。我々の技術は生物の潜在的な力を利用した地球環境にやさしい底質改善方法である.

detailsubtitle3.jpg

特願2004-231595 移転先:日本総合科学(株)

お問い合わせ