リモートセンシング技術による地域防災・環境画像データベースの構築

keywords.jpgリモートセンシング,GIS,環境,画像,防災 

作野 裕司 

YUUJI SAKUNO

division.jpg工学研究院 エネルギー・環境部門 地球環境工学講座

position.jpg准教授

研究概要

研究内容

リモートセンシング技術は,人工衛星・航空機・ヘリコプター等から撮影された画像を基に植生,地質,地表面温度,水温・水質,火山・山火事,大気等の状況を面的に把握する優れた技術である。しかし,画像の価格が高い,観測頻度が少ない等の理由で実用的な成果はほとんど実現していない。
近年多数の観測衛星が打ち上げられたことにより,低価格又は無料で高性能の衛星データが即時に得られるしくみが整えられている。また,最近では津波,地震,高潮,土砂くずれ等の自然災害が頻発しているため,リモートセンシングデータに関する画像解析技術の活用が注目されている。とりわけ広島県では土砂災害危険渓流が日本一多い,あるいは牡蠣養殖に対する赤潮被害が多い等,地域の防災や環境に関連した様々な場面において面的な画像データの提供が求められている。
こうした背景の中,当研究室では島根県中山間地域研究センターの依頼で,高分解能衛星データによる島根県全県マップの作成をしたり(HPで公開中),地元の建設コンサルタント会社等数社とヘリコプター画像を使った土砂災害現場における特殊画像データの解析に関するする研究を行っている。このような取り組みから,広島県やその周辺における画像をベースとした地図データベースを作成する,あるいは特殊画像(赤潮や植物プランクトンの分布画像及び土砂災害危険地画像)を解析,取得(例えばラジコンヘリコプター等の活用)するシステムを構築すれば,新しいビジネスにもつながると考える。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

このテーマに関する講演,助言などが可能であり,場合によっては共同研究も可能である.
本システムの実用化と実地適用に関する協力者を歓迎する。
応用分野
防災(土木・建築),情報関連

本研究の特徴・優位性

広島県は全国有数の土砂災害発生地域であり,2つの世界遺産(厳島神社,原爆ドーム)や瀬戸内海等が存在する自然環境豊かな土地柄であります.このような土地柄であるがゆえに期待されます,本研究では従来にないGoogle earthのようなわかりやすく更新が容易な防災や環境に関するデジタル画像マップの開発を目指している点が新しい.

detailsubtitle3.jpg

作野裕司,山口大輔:海色センサMODISを用いた広島湾の赤潮分布推定,海岸工学論文集,51,pp.956-960,2004.

お問い合わせ