足関節用電動ストレッチングボードの実用化

keywords.jpgストレッチングボード,足関節背屈,柔軟性,高齢者,スポーツ選手 

浦邉 幸夫 

YUKIO URABE

division.jpg医歯薬保健学研究院 統合健康科学部門

position.jpg教授

研究概要

研究内容

高齢者の立ち上がり動作や、スポーツ選手の構えの姿勢、さらに足関節捻挫の後遺症の治療などに足関節の背屈(上向きに足首を反らせること)が十分に保たれていることが必要である。これらを改善するための種々のストレッチングボードが市販されているが、それらはすべて背屈角度を一定にしてその上で立位姿勢を保つ静的(スタティック)ストレッチング用である。
 私たちは、背屈運動角度範囲と運動速度を自由に設定して動的(ダイナミック)ストレッチングができる電動ストレッチングボードを開発した。関節が運動し、骨格筋が伸張、弛緩を反復したほうが明らかに足関節背屈角度の改善も大きく、実際にこれらの運動感覚が中枢神経系に与える効果も大きい。私たちはこの電動ストレッチングボードを使用し、どのような運動プログラムを実施すれば効果的なストレッチングが行えるか検討してきた。その結果、年齢、性、疾患、スポーツ種目などの違いに応じて理想的なプログラムを提案できるようになった。

実用化に向けて(想定業界・用途、課題、企業への期待など)

関心ある企業などと本装置の実用化展開を図りたい。

お問い合わせ